◇亭主弁当***自家製鯖寿司と、豚の韓国風。

昨日の休みはDVD!DVD!祭りでした。
観ていなかったので「ダヴィンチコード」と「天使と悪魔」など。

映画自体は怖くはなかったけど、レオナルド・ダ・ヴィンチは怖いっす。
「ナニ、この天才?!」と、改めて。

ダビンティには負けていられないわ!と、
漢字検定にイソイソいそしむ、「猫のエサ当番」が日課の
レオナルド・ホゲッティーニですよー、はい、こんばんは。

で、帰宅した亭主も観たいと言うわけですよ。
なので、
「亭主はこういうの興味がないと思うから、観てもツマランと思うよ」
と、言ったら、
「バカにするなや!僕にだって理解出来るわ!」と吠えたあと
「あ、吹き替えでよろしく」と。

コノ手の映画は、いつも観ないくせにぃ。
絶対に興味が無いって。
あ、それと吹き替えで観るのは嫌なんですけどぉ?

・・・・と、絶対に聞こえない小声でブツりながら、
吹き替え再生スタート。

リリース情報やら、新作情報やらが始まって5分。
なかなか本編が始まらず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

(;゚д゚)はいいいいぃぃぃっ?寝とんがな!!
理解どころか、本編にすら辿りついとらへんで、この男わ!

5分で寝てしまえる亭主こそ天才だ!と、惚れ直した夜。

じゃ、まあ一品から。

◆自家製〆鯖で、鯖寿司。

20100113.jpg
20100113-2.jpg

いつも行く魚屋に、とても良い鯖があったので〆鯖に。

うちの場合の〆鯖は、三枚におろしたら振り塩をして
鯖の大きさにより2時間~3時間置きます。(常温で)
で、塩を酢で洗い、米酢と昆布で〆めます。
酢〆の時間は大体3時間程度で酢から取り出して、
あとは酢で濡らしたさらしをして、タッパで冷蔵します。
中骨と、皮は食べる前にひきます。

その日に食べると、かなり半生っぽい仕上がりのが頂けますし、
翌日だとサラシの所為か、酢がよく馴染み〆具合も程よい加減で、
これもまた旨いんです。

で、冷蔵庫で2日目の〆鯖を押し寿司に。
肉厚で脂のりも良かったので、寿司も旨かったっす。

▼以前の〆鯖記事▼
◆黄金鯖で自家製〆鯖***2009-11-06

で、べんと。

◇1月15日の亭主弁当

lb100115.jpg


*豚肩の韓国風、炒め玉葱添
*鮭、玉子焼き(スプラウト)、人参和サラダ、他
*白飯

***豚肩ロースの韓国風***
酒2、醤油1、砂糖1、赤味噌(八丁味噌)1/4、林檎ジュース1~2、
コチュカリ(韓国唐辛子)お好み量、おろしにんにく、胡麻油を少々。

豚肉の下には、胡麻油で炒めただけの玉葱がたっぷり。

▼下記ランキングに参加しています▼
banner09.gif rbbanner.gif
もし良かったら、げしげしっとクリックしとくれやすm(_ _)m
▼コチラは部員さん募集中の「丼弁当倶楽部」です▼
ぶろぐ村・どんぶり弁当倶楽部へ"


lb100115-2.jpg


じゃ、またー(=゚ω゚)ノ

18:29 | ◆亭主弁当 | trackbacks (0) | edit | page top↑

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://scrap77.blog115.fc2.com/tb.php/639-55ad50bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)