スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◆そうめんかぼちゃと、みをつくし。

◆そうめんかぼちゃ(金糸瓜)
20100801-3.jpg

名の通り、そうめんみたいな南瓜です。
シャクシャクした食感で、お出汁でいただいたり
ポン酢や三杯酢でも美味しい夏の一品。

20100801-2.jpg

3cm幅くらいの輪切りにして、水から鍋に入れて沸騰5~7分くらいで
水にとったら、皮を外してほぐします。
あと、水気をしっかりと切って好みの味で。
春雨サラダ風とか、結構おいしいかも。

うちは、かつおぶしをたっぷり使った出汁に味醂と、薄口で
味を整えて、たっぷりおろし生姜を添えていただきます。

みおつくしみをつくし料理帖・花散らしの雨・・・高田 郁著作
miotsukushi.jpg


少し前にこの方が、簡単料理が善とされる昨今だけど、
あえて手のかかる料理で心を伝えたい、と書かれていたことがありました。
nicoさんが母上様から受け継がれた「料理」の中に生きる愛情を
ご自分のお子さんたちにも、と。

照れ屋さんなのか、普段そういうことを表に現さないnicoさん
この言葉には、不思議な説得力があり大きく頷いた私でした。

この「みをつくし料理帖」にも、そういう心が描かれています。
ほんの少しの手間を惜しまず食材を大切に扱う、そんな料理。

出汁のひき方、下拵えの手順、医食同源、そして真心。
時代物だからこそ書ける料理の内容は、とても参考になると思います。


簡単に作る料理の日があっても、それはいいと思います。

でも食べるということの大切さ、作るということの大切さ、
それを忘れてはならんな、と我が身を振り返った一冊です。

高田郁さんのみおつくしみをつくしシリーズは、3冊発行されています。
今、私が読んでいるのは2冊目です。
第一弾は「八朔の雪」、三弾は「想い雲」です。
もし、興味がおありになる方はぜひ。
※「みおつくし」ではなく「みをつくし」でしたので、訂正いたしました。pm17:37
20100801-1.jpg
器は絵唐津向付。作家ド忘れ

▼下記ランキングに参加しています▼
もし良かったら(´・∀・)σ ポツポツっ、と応援クリックお願いいたします。
bana03.gif bana01.gif
↑レシピブログさんが、リニューアルしています。
ぽち応援で、当方のプロフページへ飛びます。
コッソリと応援して下さる方々にも心よりお礼を申し上げます。
ありがとうですm(_ _)m
▼部員さん募集中の「丼弁当倶楽部」です▼
bana05.gif

ここのところ、バタバタとしすぎた所為か、
焦げマックスで、とうとう炭化してしまいましたw
じゃ、またー( ´∀`)ノシ
14:30 | ◆亭主弁当 | comments (19) | trackbacks (0) | edit | page top↑
◆蓮根のカレマスマヨ弁当と、夢は夜開く。 | top | 【弁当スクラップ***2010年7月】

comments

# Responseです。byそーにゃ
おはようございますですー、kojiさん。

> って、なぜ2巻から???
> それはね、、、
> きっと、そにゃさんが
> 「八朔の雪」より「花散らしの雨」の
> タイトルが、1巻っぽかったから・・・
> (文庫表紙の色的にも)
> 間違えて買ったに1000点!!さらに倍!!
>
> ちがう???
>
> 僕はそう、、、(お前かよ!)

ぶはははははっ、やーいやーい間違えてやんのー。

写真を撮ったときに、たまたま2巻を読んでいたから、
↑が正解ー。
と、書いて・・・ああ、なんてそのままな返答をしてしまったのだろう。
私のバカバカー。篠沢教授に叱られてしまう。

kojiさんも読まれてるの、昨日拝見しました。
面白いっしょ?なんか言うか、澪の真摯さに心打たれてまふ。

今、3巻目に入ってあと半分ほどなのですけど、
これまた面白いです。
あ、「忍ぶ瓜」作りましょうね(笑)

コメント、ありがとうございましたm(_ _)m多謝。
◆kojiさんへ◆kojiさんへ">さん ◆kojiさんへ1"> ◆kojiさんへ2"> | 2010/08/05 07:08 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
さん | 2010/08/04 12:44 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
こんにちはー、焼き鮎さん。
毎日暑い日が続いていますが、体調を崩したりなさってませんかー?

> そうめんかぼちゃ、大好物!!
> 夫が苦手なので滅多に食卓に上りませんが。
> 時々お弁当を頼む店があってこの時期になると
> これのナマスがちょこんと入ってるんです。
> それがまた美味しくて。でも量がちょこん(´・ω・`)ショボーン

おおっ、好物でしたか!
そういう方がいらっしゃってなんだか嬉しい(笑)
なます、いいですねぇ。
あと半分残っていますので、すこーし甘みあって
優しい酢味のなますを作ってみます。

お弁当屋さんにメールしましょう!
「そうめんかぼちゃ、大量を希望!」と(笑)

> 職場の隣にある市民菜園でぼんぼん実ってます。
> あー食べ頃だなーと物欲しげに眺めてます。

そこでは売っていただけないですか?

コメント、ありがとうございましたm(_ _)m多謝。
◆焼き鮎さんへ◆焼き鮎さんへ">さん ◆焼き鮎さんへ1"> ◆焼き鮎さんへ2"> | 2010/08/04 11:51 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
こんにちは、はじめましてですm(_ _)m

> はじめまして。kayさんのブログを拝見して、
>おいしそうなお料理「炙り塩豚ハム」に、
>思わずこちらに伺ってしまいました。私も、近々作ってみます。

おおっ、なんと嬉しい言葉をありがとうございますm(_ _)m
こういう風に繋がりが広がるのも、
とってもありがたく嬉しいです。

> 「みをつくし料理帖」は3巻とも読みました。
>面白かった!巻末のレシピの中では「忍び瓜」という
>きゅうりの簡単漬物みたいなのを作ってみました。
>おいしかったですよ。
> これからもたびたび伺います。よろしくお願いします。

はいっ!私も忍ぶ瓜に目をつけていましたー(笑)
あと、梅土佐豆腐も食べてみたいなぁっと。

今、3巻目を読んでいるんですが、野江ちゃんとの再会に
ぽろぽろと泣いてしまいましたです(笑)

コメント、ありがとうございましたm(_ _)m多謝。
暑い日が続いてます、どうぞご自愛ください。
◆ボクのママさんへ◆ボクのママさんへ">さん ◆ボクのママさんへ1"> ◆ボクのママさんへ2"> | 2010/08/04 11:34 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
こにちはー、ミイサさん。
今、ミイサさんのところの花火の記事を
拝読してました。
で、線香花火買ってくるか、と思った
可愛いおばちゃんです。うはははっ

> そうめんかぼちゃ!
> 色んな方の所で見かけるんですけど
> 実は食した事無いんです。
> 食べてみたい!
> でも、かぼちゃとは別物って
> 考えた方がいいんですかね??
> あのほくほく感は求められないですものね。

味はない、と言ったほうが正しい瓜ですが、
味はないんですけど、風味はあるんです。
で、どんな味付けでも美味しくいただけると思いますので、
機会があったら、ぜひぜひー。
シンプルがお好き、と仰っていらしたミイサさんだったら、
どんな風にお料理されるのかなぁ?と、密かに楽しみです(笑)

> 料理は簡単でも手がかかっても
> シンプルな物が好きです。

シンプルって、簡単なようでとても難しいなぁっと
最近、つくづく思うようになりました。

> その本読んでみたいです~
> 良い料理本は見てるだけで楽しいですよね!

この本、主人公の料理に対する真摯な姿勢に
心がピクンとしますです。
時代小説、ここのところ人気らしいですが、
料理のことに拘らず、他のものも読んでみたいなぁっと
誘われる一冊でしたー。

コメント、ありがとうですーm(_ _)m多謝。
暑い日が続きますが、どうぞご自愛ください。
◆ミイサさんへ◆ミイサさんへ">さん ◆ミイサさんへ1"> ◆ミイサさんへ2"> | 2010/08/04 11:29 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
おはようございます、kayさん。

> そーめんかぼちゃ
> ってはじめて聞いた!

そーめんかぼちゃ、なかなか風情のあるヤツです(笑)

> 今日記事りんくさせていただきました

いやはや、kayさん。
大変なことですよ?(笑)
アクセスがどえらいことなってましたです。
普段、どんなに多くても1200がテンだったのに、
それがうひゃーって(笑)

人気ブロガーさんのスゴサを垣間見ましたです。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
コメントもありがとうございましたm(_ _)m多謝。
◆kayさんへ◆kayさんへ">さん ◆kayさんへ1"> ◆kayさんへ2"> | 2010/08/04 10:56 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
おはようざますー、ねこちゃ。

> おお、このそーめんかぼちゃ見たことあるぞぅ。
> でも食べたことなぁい。生で見たことなぁい。(笑)

生見、したことないの?うへへへへ←キショイ笑い
生見、ぜひしてして。うひひひひひ←更にキショイ

> いやほんと、食ってただ食べればいいってわけじゃないし、
> 料理ってただ作ればいいもんじゃないよね。
> 余裕がないのを言い訳にしちゃいけないわ~。ヾ(_ _。)ハンセイ
> 本、読んでみるね。ご紹介ありがとう~♪

うんっ、無理強いはしたくないけど、
たぶんー、ねこちゃんは好きなタイプの本かなぁ(笑)

時間がないときとか、そりゃ作りたくないときや
デリバリピザが食べたいときや←うちなんかしょっちゅう(笑)
そんなときがあってもいいさー。
ただ、ゆっくりとした時間の中で作る、
で食べる、
て日が、たまにはあったっていいんじゃないー?て(笑)

> そして↓は、紀文さんの姫かまシリーズだったのね~。
> むむぅ。3色、こっちにも売りに来てくれぃ~~~。(笑)

んだー、紀文さんのでした。
あっ、んとねもう3色はみかけなくなってしまった(笑)
限定で売ってたのかも?
弁当にしか使わないけど、3色だと得した紀文だよね。
・・・・すまん、くだらんダジャレってしまった。

コメント、ありがとうねーm(_ _)m多謝。
体調、大丈夫け?
◆さんぽねこさんへ◆さんぽねこさんへ">さん ◆さんぽねこさんへ1"> ◆さんぽねこさんへ2"> | 2010/08/04 10:10 | URL [編集] | page top↑
#
って、なぜ2巻から???

それはね、、、
きっと、そにゃさんが
「八朔の雪」より「花散らしの雨」の
タイトルが、1巻っぽかったから・・・
(文庫表紙の色的にも)
間違えて買ったに1000点!!さらに倍!!

ちがう???

僕はそう、、、(お前かよ!)

kojiさん | 2010/08/03 19:43 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
とほーっ、芋汁をすすってきました(笑)
ああ、たまに食べる芋汁の美味いこと。

> 1面ウラの広告に、よくこの本が掲載されており。
> 気になってはいるのです、でも時代物はほぼ読まないので・・・。
> そーにゃさんが読まれていると知ると、手に取りたくなる不思議。
> 赤板さんもそうですし(我が家は練り物好き)。

ぬおっ、そうでしたか!
無理強いはしたくはありませんが、ぜひ読んでいただきたいです。

主人公「澪」の
料理に対しての真摯さが、何というかいじらしいほどなんです。

> >あえて手のかかる料理で心を伝えたい
>
> 母・義母の時代にはすでに「簡便」が押し寄せていました。
> 化学調味料に大きな信頼を寄せている方、その年代に多く。
> 「手間隙」だと、祖母の匂いを感じます。そこには知恵もあります。
> 高度経済成長の中で、簡便さに頼らざるを得なかった母の世代。
> だからこそ、私たちは祖母の世代のよいものを受け止め、語り継ぐ必要があるのかもしれません。

本当に私もそう思います。
「先人の知恵」には、今更ながら大きく頷けるものが多くあり。
簡単でも、化学調味料を使ってもいいんです。
ただ、たまには出汁をたっぷりとひいた澄ましで、
海の旨さを楽しんだり、感謝したり
下ごしらえをした山菜をゆっくりと天日に干したものを煮て、
山の旨さを楽しんだり。

時短料理もいいと思います。でも、
そんな心の余裕を感じる時間をたまには作ったっていいじゃない、
と、思っています。

> そうめん南瓜。実は、最初は苦手でした。珍しモノ好きの父が育てた頃。
> 今は、むしろ好物です。あっさりオイシイ!と思います。

そうなんですよー。
どんな味にも化ける食材の難しさがあるですよね。
シンプルが美味いって、んとに難しいことだなって思うです。

てか、珍し野菜が手入るみつみつさんが羨ましいー。

みつ父様、あの美しい野菜たちを私にもー(笑)なははっ

コメント、ありがとうございました。
◆再度・OH!みつみつさんへ◆再度・OH!みつみつさんへ">さん ◆再度・OH!みつみつさんへ1"> ◆再度・OH!みつみつさんへ2"> | 2010/08/03 16:06 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
こんにちはー、みつみつさん。
いかん、コメントレスをしようと思ったら、
異常にハラが減ってきたので、ちょっと何か食べてきます。
またあとでー(笑)
◆OH!みつみつさんへ◆OH!みつみつさんへ">さん ◆OH!みつみつさんへ1"> ◆OH!みつみつさんへ2"> | 2010/08/03 15:18 | URL [編集] | page top↑
# Responseです。byそーにゃ
こにちはー、スチーマーeriちゃん(笑)
蒸されるって、なんか淫靡だわ。
って、どこが?(笑)

> ほほ~
> この類は読んだ事なかったですたい。
> ちょっと図書館で探します。

私、昨日の夜書店に行ってきたよー。
で、オーファーザー買ってきた(笑)
今、みをつくしの3巻目に取り掛かったから、
終わったら読むー。楽しみだぁ。

> これこれ
> このかぼちゃ!食べてみたかったッス。
> 静岡県じゃ見かけないブツです><

あれま、そなの?<見かけない
んーっと、美味いぞぉ・・・美味いぞぉ・・・
と、変な誘惑をしてみる(笑)

コメント、ありがとうねーm(_ _)m
で、まだ蒸されてるのかちら?
◆eriさんへ◆eriさんへ">さん ◆eriさんへ1"> ◆eriさんへ2"> | 2010/08/03 15:15 | URL [編集] | page top↑
#
そうめんかぼちゃ、大好物!!
夫が苦手なので滅多に食卓に上りませんが。
時々お弁当を頼む店があってこの時期になると
これのナマスがちょこんと入ってるんです。
それがまた美味しくて。でも量がちょこん(´・ω・`)ショボーン

職場の隣にある市民菜園でぼんぼん実ってます。
あー食べ頃だなーと物欲しげに眺めてます。
焼き鮎さん | 2010/08/03 09:54 | URL [編集] | page top↑
#
はじめまして。kayさんのブログを拝見して、おいしそうなお料理「炙り塩豚ハム」に、思わずこちらに伺ってしまいました。私も、近々作ってみます。
「みをつくし料理帖」は3巻とも読みました。面白かった!巻末のレシピの中では「忍び瓜」というきゅうりの簡単漬物みたいなのを作ってみました。おいしかったですよ。
これからもたびたび伺います。よろしくお願いします。
ボクのママさん | 2010/08/03 09:44 | URL [編集] | page top↑
#
ぐっもっにんです!

そうめんかぼちゃ!
色んな方の所で見かけるんですけど
実は食した事無いんです。
食べてみたい!

でも、かぼちゃとは別物って
考えた方がいいんですかね??
あのほくほく感は求められないですものね。

料理は簡単でも手がかかっても
シンプルな物が好きです。
変に色んな物を使わず
シンプルに分かりやすい材料で作るものとか。
そう考えるとやっぱり和食に辿り着くような気がする。

その本読んでみたいです~
良い料理本は見てるだけで楽しいですよね!
ミイサさん | 2010/08/03 07:42 | URL [編集] | page top↑
#
そーめんかぼちゃ
ってはじめて聞いた!
今日記事りんくさせていただきました
Kayさん | 2010/08/03 06:27 | URL [編集] | page top↑
#
そにゃちゃん、こんばんはーっ。

おお、このそーめんかぼちゃ見たことあるぞぅ。
でも食べたことなぁい。生で見たことなぁい。(笑)

いやほんと、食ってただ食べればいいってわけじゃないし、
料理ってただ作ればいいもんじゃないよね。
余裕がないのを言い訳にしちゃいけないわ~。ヾ(_ _。)ハンセイ
本、読んでみるね。ご紹介ありがとう~♪

そして↓は、紀文さんの姫かまシリーズだったのね~。
むむぅ。3色、こっちにも売りに来てくれぃ~~~。(笑)


ほじゃまたねー。おっやすみぃ。 (=゜-゜)ノ


さんぽねこさん | 2010/08/03 00:39 | URL [編集] | page top↑
# 沢口靖子
・・・かと、最初は思ったのです。
我が家はY新聞を購読しているのですが、
1面ウラの広告に、よくこの本が掲載されており。
気になってはいるのです、でも時代物はほぼ読まないので・・・。
そーにゃさんが読まれていると知ると、手に取りたくなる不思議。
赤板さんもそうですし(我が家は練り物好き)。

>あえて手のかかる料理で心を伝えたい

母・義母の時代にはすでに「簡便」が押し寄せていました。
化学調味料に大きな信頼を寄せている方、その年代に多く。
「手間隙」だと、祖母の匂いを感じます。そこには知恵もあります。
高度経済成長の中で、簡便さに頼らざるを得なかった母の世代。
だからこそ、私たちは祖母の世代のよいものを受け止め、語り継ぐ必要があるのかもしれません。

そうめん南瓜。実は、最初は苦手でした。珍しモノ好きの父が育てた頃。
今は、むしろ好物です。あっさりオイシイ!と思います。
OH!みつみつさん | 2010/08/02 20:37 | URL [編集] | page top↑
#
私は今、つぶれたエアコンの店舗で
いい感じに蒸されたトコロです。

ほほ~
この類は読んだ事なかったですたい。
ちょっと図書館で探します。

これこれ
このかぼちゃ!食べてみたかったッス。
静岡県じゃ見かけないブツです><
eriさん | 2010/08/02 15:55 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
さん | 2010/08/02 15:28 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://scrap77.blog115.fc2.com/tb.php/748-82857a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。