スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◇高菜むすびと、お焼き風の弁当。

◆藪椿(やぶつばき)
flower0403.jpg


よく「縁起が悪い」と、忌み敬遠されがちな「椿」ですが、
それではあまりに、椿が気の毒だと思う私です。

椿の中でも、この薮椿が一番好きです。
花言葉は色々とありますが、その中のひとつ。
「謙遜の美徳」
謙遜とは、「へりくだる」ことではなく「控えめ」であること。

・・・・・あー、私が控えめなのは、二日酔いの日だけです。
ええっ、えええ、そうでしょうとも。

べんと。
◇4月4日の亭主弁当
lb110404.jpg

*高菜むすび、海苔むすび
*お焼き風ベーコン、焼き鯖、玉子焼き、あちゃら人参、他

*あしらい物は南天と、仕切りに「葉山葵」

高菜漬け、大好きー!高菜むすび、大好きー!
ぶらぼー、高菜。

お焼き風ベーコンは、この時の「里芋のお焼き風」をじゃが芋で。
前日の煮っ転がしをマッシュして型にして焼いてベーコン巻きに。
◇里芋のお焼き風弁当・・・2010年11月10日

高菜漬けは、巻く前にペーパーなとで軽く押えて、
少し水気を抑えてあります。

▽高菜漬けは、長野県で作られているコチラ▽
20110404.jpg


高菜むすびは、私にとって母の味。
母のむすびは高菜で包んだものか、塩むすびにおかか醤油が
ポッテリとのっているものでした。

幼い頃、うちの台所は土間でカマドもあって、流しはタイル張り。
土間続きに小上がりになっていて、そこに卓袱台。

思い出すと、懐かしさで胸がいっぱいになって
なぜだか分からないけれど、今にも泣きそうになってしまう。

嗚呼、ノスタルジックな猿女房。

母が握ってくれたむすびを母の手から直接、くちに頬張った。
あの味に勝るむすびは、私には未だ握れない。
いや、もしかしたら勝ることは無理なのかもしれない。

今は事情があって、母のむすびは食べられないけれど、
いつかもう一度、あの味を口いっぱいに頬張りたい。
lb110404-1.jpg


▼ランキングに参加しています▼
bana03.gif bana01.gif

「おむすび倶楽部」参加中
omusubic.jpg
13:44 | *むすび | trackbacks (0) | edit | page top↑

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://scrap77.blog115.fc2.com/tb.php/837-1e13dbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。