スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

◆激辛・エビチリ弁当と、自分弁当も。

なんだか、やたら体がダルくて、ぐんにゃり。
キッチンで、ぐにゃぐにゃしていたら

「更年kしょ・・・ga・・・・・」と、クソ亭主がボソった。

なんだとー!!
上司に向かってそんな失敬なことを言うのはどのクチだー?
ちゅぅしたろかー?
と、言ったら逃げてった。チッ・・・

仕方がないので、今回の仕返しは、
亭主の靴すべてに、丸めた新聞紙をぎゅーぎゅー詰めてやりますよ。
出かける前にイライラしやがれ!へへ

べんと。
◇2013年3月15日(fri)の亭主弁当
lb130315.jpg

*激辛なエビチリ
*玉子焼き、菜花の浸し、ウインナと新玉の串、いかなごの釘煮、茹で蚕豆、赤板

*白飯、梅干

*玄米茶

lb130315-1.jpg

海老は下処理をしたら、塩を少し振った紹興酒に漬置き。
水気を軽く拭って、片栗と上新粉の半々をまぶして油通し。
豆板醤やケチャ、韓国赤唐辛子やらやらのチリソースをからめーの。

いかなごの釘煮は、明石の友人が送ってくれました。
これがすごく美味しくて、残りを気にしつつ
ケチケチしながら食べています(笑)

もしも私が、釘煮を作ろうとしても、
頂いた、この釘煮のような味はきっと出せないと思う。

兵庫の瀬戸内側ですかね?あまり詳しくはないのですが、
そちらでは春になると、どのご家庭からも釘煮を炊く香りがする
と、聞いたことはあります。
母から娘へ、姑から嫁へ、と受け継がれる味ですよね。
季節のご馳走ですな。

***おまけ弁当***
lb130315-3.jpg

コッソリ私の弁当。
海老、1尾だけだぜええww赤板も亭主弁の切れ端だぜえw
でも、卯の花が特別サービスで入っているぜー。

昔、サラリーマンだった頃の自分弁当はもっと質素だったし。
玉子焼きの切れ端と、沢庵、梅干、磯海苔とか(笑)
なので、この自分弁はかなり頑張っている。

あ、うちの卯の花は、しっかりと当たった胡麻が入っています。
おからの香りに勝ちすぎない程度の胡麻。
lb130315-2.jpg


▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 料理ブログ 
猫と一緒に、ぼへーっと日向ぼっこすっか。
15:35 | *魚介 | trackbacks (0) | edit | page top↑

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://scrap77.blog115.fc2.com/tb.php/952-4da33c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。